FC2ブログ

ニーハオ台湾! 驚き満載だった旅行1

こんにちはSyuです。

なかなか521系の作業が進まず、自分で苛立ちを覚えています。
前面の加工がどうしてもうまくいきません。
パーツもそろわないし・・・
489系能登を導入しました。
後々写真を上げようと思っています。

今回からは、東京旅行と並行して台湾旅行のことについて書いていこうと思っています。
4泊5日でしたが大変充実した旅行となりました。
阿里山に行けなかったのが唯一の残念でしたが・・・
一日目は台北市内観光なので、「鉄道がみたい!」という方は次回までお待ちください。
もちろんあの有名な台北101にも行ってきましたよ!
それでは、続きを読むからどうぞ。

関西からの海外旅行はもちろん関西空港から始まります。
DSC01344.jpg
朝10時、神戸から関西空港は遠いです・・・

台湾に行くにはJALやANAといった日本資本の航空会社もあるのですが、
今回はお得で、初めてのチャイナ航空に乗ることに!
フライトは2時間ちょっとでしたが、映画を見たりと満喫しました。
心残りなのが2012を最後まで見ることが出来なかった(´・ω・`)・・・(しかも帰りは4月になり上映映画も一掃されてしまった・・・)
機内食の味はうまい方ですね、ただし帰国便で日本料理を注文するのはやめといた方が良いですよ。(大概の場合はずれが多い)

あっという間に台湾は桃園国際空港に到着!
着いてからの第一声は「熱っついよね~」
さすが南国の国。着いた時点で気温が25度もありました!関西とは大違いですね^^;

桃園国際空港から目的地の台北へは、タクシーとバスの2種類ありますが
バスがなんと90元、日本円にして270円!すごく安い!
バスも大概が2階建て、ホテル直行便が多かったです。

バスで揺られること1時間・・・台北に到着!
さっそくホテルから外の風景を撮影
DSC01346.jpg
うんアジアだけど、日本じゃないね・・・
な~んかすごかったです。中層ビルが多く東京とはまた違った景観でした。
ちなみに見えにくいですが、左奥に見えるのが東洋一(以前は世界一)の高さを誇る、台北101です。
まあ数年後には、現在建設中の東京スカイツリーに抜かれてしまうのですが・・・

次は観光!ということで私が一番行きたかったところに最初は行くことにしました。
それは・・・
DSC01349.jpg
国立故宮博物館です。
以前世界史の資料集で見たことがあり、台湾に来たら是非行ってみたい!と思っていた場所です。
館内には、中国の歴史の資料や肉の形をした作品などいろいろな物が展示してありました。
が、一番気になったのが・・・観光客の多さ
もちろん有名な場所だから覚悟はしていましたが、こんなにも多いとは思いのほかでした。
しかも中国人のマナーが・・・頼むからタックルはラグビー場でやってほしい・・・などと思いました。

故宮博物館は中国本土にもあるのですが、なんでも蒋介石が台湾に逃げる際、本土の故宮博物館からめぼしい物を持って行ったらしく、特に貴重な物は台湾に来て見るしかないとか。

故宮博物館を後にし、タクシーで台北101へと向かいました。
タクシーの運転士さんが神戸に行ったことがあったらしく、車内では話に盛り上がりました。
いや~シーサイドホテル舞子ビラ神戸のパンフレットを持っていたのにはびっくりしましたね^^;

数分後、台北101に到着!タクシーを降りて見上げた時に
DSC01352.jpg
すげぇ!と思わず声を出してしまいました。
前面ガラス張りっていのがすごいですよね!
ちなみに右側はショッピングモールが入る商業施設、左側がオフィスビルと展望台になっています。

右側の建物5階から展望施設へと向かいます(注意:本館からは入れません)
展望台へはエレベーターを利用します、ご存知の方も多いかと思いますが東芝製です。
以前台北101のドキュメンタリーを見たとき、とても感心しました。

全く揺れないエレベーターで昇ること30秒。
DSC01353.jpg
おー!!
大パノラマが覗けました。高い高い!
でも空気の汚れのせいか、あまり遠くまでは見れませんでしたね~

DSC01355.jpg
この写真の中央に見えるのが、日本でいう操作場兼、工場らしいです。日本と比べるとかなりの大きさですね。

DSC01374.jpg
それにしても台北101以外には高いビルがありませんね^^;

台北101の付近は台湾三越があったりとショッピングモールがあったので、買い物等で時間を過ごしました。
すると夜もどっぷり。
DSC01382.jpg
夜の夜景も最高でした!

2日目は台湾の鉄道に乗って出かけます。
それでは、今日はこの辺りで。
スポンサーサイト



コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>